オフィス移転における移転先選びで確認すべき項目

オフィス移転における移転先選びで確認すべき項目

オフィス移転する際に、移転先選びにはいくつかポイントがあります。
それは物件自体の条件と、物件の外の条件に分かれます。
物件自体の条件として、一番先にチェックしたいのは、かかる費用です。
費用の中には、賃料や前払いの保証金、仲介手数料などがかかります。
多くの物件を比較してオフィス移転しますが、この点を入念にチェックしましょう。
その物件が社員にとって快適に働ける環境であるかどうかも確認したいところです。
人数と比較して狭いオフィスになってしまうと、快適性は下がります。
また通信環境の確認も必須で、オフィスビル自体が最新のIT環境に対応しているかも確認すべきです。
セキュリティも重要で、女性が働くのに適したオフィスであることも、移転先選びで重視しなければなりません。
外的な要因としては利便性をまず確認したいポイントです。
最寄り駅からの距離が近いと社員の通勤に便利ですが、それだけでなく顧客の元へ移動しやすい場所であるかも重要でしょう。
その企業のイメージというのも重要な要素で、立地がイメージと合致する場所を選択することもとても大切です。

オフィス移転をする場合は目的を明確化しよう

オフィス移転を考えている方も多いのではないでしょうか、オフィス移転で重要なのが目的を明確することです。
移転先を決める上で重要なのが移転先になります。
賃貸オフィス物件以外にもシェアオフィスやレンタルオフィスなど様々な選択肢があります。
もし、車内でリモートワークが浸透しており、今後もリモートで問題なく、月何回か社員が集まれる場が欲しい場合は賃貸オフィスでは割高でシェアオフィスの方がコストも削減が出来るので適しています。
逆に業務上、出社が必須で、人員も増員する必要がある場合や別々の場所にあるグループ会社などの事業所を一箇所に集約したい場合は広いオフィスや複数フロアの契約が必要になるためオフィスビルが適しています。
オフィス移転をする場合は、現場の状況などをヒアリングするなど、社員のオフィスに関するニーズを把握する必要があります。
社員のニーズと参考にしながらオフィス移転の目的を明確化していきオフィスの移転先を決めましょう。

オフィス移転に関する情報サイト
オフィス移転の基礎知識

こちらのサイトは、オフィス移転に関する基礎知識をご紹介しており移転に伴う基本的な流れ、事前に行っておくべき準備の内容やそれを行うべきタイミングなど徹底解説を行っています。計画をしっかり立てることでスムーズな移転作業に繋がりますし、タイムロスなどもなく円滑に進められるメリットにも繋がります。さらに、移転先の選び方の中で確認しておきたい項目や費用の内訳など幅広く解説しているので参考にされることをおすすめします。

Search